TOP > お近くの窓口 > 水戸地区 > 東部ガスブログ > 教えてエコルくん

お近くの窓口

水戸地区 東部ガスブログ

水戸地区 東部ガスブログ

2017年12月22日

安全を守るために~工事編~

こんにちは!鈴木です!
さて、今回は工事中の安全を守るために何が出来るかをお伝えします!

何をするにもそうですが安全と危険は常に隣り合わせです。

そうはいっても安全が一番良いですよね☆☆☆

ここで工事を行う方にぜひ知っていただきたい!!
ガス管は傷をつけたり、破損することによってガス爆発など大きな事故につながります。
その多くが、工事を行う際のちょっとした思い込みやミスによるものです。
工事をする時には事前の準備や確認が必要です。

ではどんなところに注意したら良いかご紹介します!

≪こんな事から事故は発生しています≫

例1)
ビルなどの屋内を改装工事中に水道管と間違えてガス管を切断してしまった。。。


このような事態になる前に必ずガス管がどこにあるのかを事前に確認し、工事をしましょう!

例2)
機械でコンクリートを割っていたり地面を掘っている時にガス管を損傷してしまった。。。



掘る予定の場所にガス管が埋まっていないか事前に確認しましょう!
また、どのくらいの深さにあるのかも注意してみよう!


例3)
建物の解体工事をしている時にガス管を傷つけてしまった。。。

まだガス管やガスメーターがある場合は工事の前に必ず東部ガスに連絡してください!!




それでは最後におさらい!事故防止のための3つのポイントをご紹介!

1. 工事の前に、まず確認を!!
2.  少しでも不明な点があればすぐ東部ガスに連絡を!!
3. 工事は、あくまで慎重に!!

この3つを頭に入れ、みんなの安全を守りましょう!!

2017年12月22日

2017年8月17日

守って安心!!

こんにちは!
お盆休みも終わり仕事モードに切り替え中の鈴木です!
みなさんはどこかお出かけされましたか??私は栃木県の那須にプチ旅行してきました!
また今日から頑張っていきましょうね!!

さっそくですがみなさん!!このガス機器、何だか分かりますか?

「どこかで見たことあるなぁ」とか、「使ったことある」「今も使ってるよ」
という方たくさんいらっしゃるかと思います!

そう、その名も小型湯沸器
よくアパートのキッチンや会社の給湯室などにあるのでお馴染みですよね!

さあ今回はそんな小型湯沸器の取り付けについて
みなさんにどうしても知ってほしい3つのことを
ガスタンくんとエコルくんがお伝えしますよ~!!



1.小型湯沸器のガス接続、自分でするのはダ・メ


小型湯沸器は近所のホームセンターなどでも気軽に販売しているから
「自分で全部できそう!」と思われがち。

で・も・実・は・!
取り付けは出来てもガスのホースをつないだりするには資格が必要なのは知っているかな?!
ちなみにその資格の名は...「ガス可とう管接続工事監督者」っていうよ!
必ず接続はこの資格を持つガス屋さんや設備屋さんにお願いしよう!


ただし、一般の人でもこの資格を持っていれば接続ができるよ!
※ちなみにこの資格以外にも【特監法】なども適応します。
詳しくはココをクリックしてね ⇒  一般財団法人日本ガス機器検査協会


2.資格が必要な理由!



なんと言っても小型湯沸器を使うみんなの安全を守るため!!
強化ガスホ-ス※1金属可とう管※1などを使って接続・取り付け工事を
する時は、ガスが漏れることのないよう、安全に使えるよう
ガスについてのいろんな知識や技術が必要だからなんだよ



※1 ちなみに強化ガスホース金属可とう管はこれ!


小型湯沸器は主に強化ガスホースを使って接続をするよ!