TOP > 親子クッキングコンテスト

親子クッキングコンテスト

親子クッキングコンテスト











 
 









 


 





安心するでガス!
たとえば、昆布・切り干し大根などの乾物類の戻し時間、
貝類の砂出し、パン生地の発酵時間などは
調理時間から除いて考えるでガス。

ただし、比較的短時間でできる湯通し・下茹でなどは調理工程に含めるでガス。
お湯沸しはガスコンロを使ったらあっという間でガスよ。




よいでガスよ。

もし、お魚の下処理を小学生のみんなが調理したとしたら・・・
きっと審査員は「すごい!」と驚くでガス!
ちなみに、ガスタンくんがお魚の下処理ができるかは内緒でガス。




3~5品程度、作ってくださいでガス。上限は5品でガス。

食材費2,000円程度(4人分)の範囲内、制限時間60分以内で
自慢のメニューを完成させてほしいでガス!



大会では応募されたレシピの食材で作ってもらうでガス。
実技選考は秋~冬に行うため、季節の食材を思い浮かべて
レシピを考えるとばっちりでガス!

違う食材でアレンジされるのもよいと思うでガスよ。




使用制限はないでガス。道具を有効活用しておいしいレシピを考えるでガス。

ただし、一般的に包丁を使う「切る」作業の目的だけで、
フードカッターを多用することは好ましくないでガスね。




冷凍食品の使用は不可でガス。
基本的な調理は会場内での実技が原則でガス。

ただし、市販の加工品は使ってよいでガスよ。
(例えば、餃子・春巻きの皮、缶詰類、パン、茹で麺、調味料など)

加工品を使わずに、餃子の皮づくりやパンの生地づくり、調味料づくりなどを
素材に近い状態から調理した場合は高評価になるでガス!




見た目のオリジナリティやみんなのおうちならではの
工夫が見られたら高評価になるでガス!

飾りつけなどのディスプレイは評価には関係ないでガスよ。



 




 


地区大会の様子

PAGETOP