TOP > TOPICS > 原料費調整(スライド)制度に基づく平成30年7月のガス料金について(郡山、いわき、水戸、土浦、守谷地区)

TOPICS

原料費調整(スライド)制度に基づく平成30年7月のガス料金について(郡山、いわき、水戸、土浦、守谷地区)

平成30年5月30日

原料費調整(スライド)制度に基づく平成30年7月のガス料金について
(郡山、いわき、水戸、土浦、守谷地区)


 日頃は東部ガスをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。
弊社は、平成30年7月検針分のガス小売供給約款料金および選択約款料金に適用する単位料金(ガス1m3当たりの単価)を平成30年6月検針分に比べて1m3につき
プラス0.55円(税込)調整させていただきます。
これは、原料費調整制度(為替レートや原油価格の変動等による原料価格の変動に応じて、毎月ガス料金の単位料金(ガス1m3当たりの単価)を調整する制度です。)に
基づく平成30年2月~平成30年4月の平均原料価格(52,410円/トン)による調整です。
この調整により標準家庭で1ヶ月につき14円(税込)ガス料金が上がります。

1か月のご使用量
(45MJ)
平成30年7月ガス料金 【参考】平成30年6月ガス料金 差額(税込)
  5 m3
 1,799円   1,796円 3
 26m3
(標準家庭*)
 5,567円   5,553円 14
40m3  7,934円    7,912円 22
60m3  11,315円  11,282円 33

*1か月のご使用量(標準家庭)については平成23年度から平成27年度のご家庭1件当たり使用量の平均値です。

→郡山、いわき、水戸、土浦、守谷地区の料金表はこちら
→ガス料金の計算方法はこちら

PAGETOP