Topics

取り組み

2024

《地域》
1月27日 令和5年度土浦市男女共同参画×市民協働フェスティバルに参加しました

1月27日、「令和5年度土浦市男女共同参画×市民協働フェスティバル」が土浦市役所庁舎内にて開催され、当社茨城南支社も運営協力として参加させていただきました。

土浦市では「ダイバーシティ・男女共同参加社会の実現」と「『協働』によるまちづくり」を目指し、取り組んでいます。
今回のイベントは、「ダイバーシティ(多様性)&インクルージュ(包含・受容)のまち土浦~みんなちがってみんないい~」のテーマのもと、
ジェンダーによる垣根・世代間の垣根を乗り越えて、皆が活躍できる社会を作り上げていくために、ダイバーシティと協働の視点から考えることを目的として開催されました。

イベントは2部制の開催で、当社は2部に参加しました。Gasta東部ガスLIFESTUDIOにて無料のフードコーナー限定200食で実施し、お客さまをお出迎えしました。
また、当社の企画として「れんこんチップスde お菓子づくり体験」を実施し、予定数は終了時刻前になくなるほどの賑わいで、老若男女問わず楽しんでいただくことができました。

今後も地域に根付く企業として、繋がりを大切に活動してまいります。
 

《地域・環境・安心・安全》
1月26日 『いわきスマートタウンモデル地区推進事業』に関する基礎協定の締結

 1月26日、積水化学工業株式会社 住宅カンパニーを代表企業とする13者は、福島県いわき市、いわき市土地開発公社と「いわきスマートタウンモデル地区推進事業に関する基本協定」を締結いたしました。

『いわきスマートタウンモデル地区推進事業』は、いわき市の中央部に位置する、面積約530haの住宅団地「いわきニュータウン」を対象に、
いわき市土地開発公社の所有地を拠点エリアとして、官民共創のもと、地域社会が抱える課題の解決を図るため、スマート技術などを活用したスマートシティへの取り組みを含めたモデル的開発を目指す事業です。

今後もいわき市と連携し、参画企業・団体の総合力を結集することで、先駆的でサステナブルなまちづくりを目指して参ります。

詳しくはこちら

《地域》
1月23日 土浦わかもののまちプロジェクト様主催 第3回「放課後子ども食堂」をGasta東部ガスLIFESTUDIOにて開催

1月23日、“土浦わかもののまちプロジェクト”様の主催により、当社茨城南支社“Gasta 東部ガス LIFE STUDIO”にて第3回目の「放課後子ども食堂」を開催しました。

3回目の開催は、これまで3年生を中心に行っていた子ども食堂も今回からは2年生が主軸の開催となり、当社では調理サポートと片付けを実施させていただきました。
当日は30名の予定に対し、23食の提供でした。(参考:前回
 
次回開催は2/13(火)予定です。
今後も引き続き開催に向け、本プロジェクトへ協力していきます。

2023

《地域》
12月20日 郡山市『すこやか子育て寄附金』にお客さま大感謝祭チャリティー屋台等の売上を寄附

12月20日、当社福島支社ではお客さま大感謝祭チャリティー屋台・東部ガスバザー等の売上金260,000円を、郡山市『すこやか子育て寄附金』に寄附いたしました。

「子育て支援」は『SDGs未来都市こおりやま』の中心施策のひとつでもあります。子どもたちのすこやかな成長に役立てられます。

今後も、行政・地域のみなさまと連携した、SDGs活動・地域貢献活動を実行してまいります。
 

《地域》
12月19日 土浦わかもののまちプロジェクト様主催 第2回「放課後子ども食堂」をGasta東部ガスLIFESTUDIOにて開催

12月19日、“土浦わかもののまちプロジェクト”様の主催により、当社茨城南支社“Gasta 東部ガス LIFE STUDIO”にて第2回目の「放課後子ども食堂」が開催しました。

2回目の開催となった今回は、実際に子ども食堂を運営する高校生もスムーズに取り掛かることができていました。(参考:前回
また、来場したお子さまからは高校生に「ありがとう」と声をかけている姿も見られました。

他地域で子ども食堂を開催している方からは以下のような声もいただきました。
・駅周辺で子供の居場所を考えた時、近くにはないことを理解した。
・放課後子ども食堂は小学生の居場所だけでなく、高校生ボランティアの活躍の場にもなっている。
・地域公民館での開催と違い、誰でも来やすい場所として市役所庁舎内で行うことは大きなメリットだと感じました。

今後も定期的な開催を予定しています。次回開催は1/23(火)です。
当社としてできることを再度見直し、積極的に参加していきたいと考えています。

《地域・環境・安心》
12月4日 守谷C地区まちづくり協議会イルミネーション設置に参加

12月4日、当社守谷事業所では守谷C地区まちづくり協議会*の活動として土塔公園のソーラーイルミネーション設置に参加しました。

当日は守谷C地区まちづくり協議会の方々、守谷市役所市民協働推進課 協働推進グループの方々と一緒に土塔公園に景観整備及び防犯対策の目的で、ソーラー発電のイルミネーションを設置しました。

土塔公園を通りがかる皆さんからは、「雪だるまがかわいい」「また来年もやってほしい」などの声をいただきました。

今後も地域に根ざし、共に歩む企業として、豊かな市民生活の実現に貢献していきます。

*守谷C地区まちづくり協議会:令和2年3月8日に設立された協議会で、住みなれた地域で安心して住めるようお互いを支え合うことができるまちづくりを目指して活動しています。守谷事業所としてもその活動に賛同し、本年より入会いたしました。

《地域》
11月21日 土浦わかもののまちプロジェクト様主催 「放課後子ども食堂」をGasta東部ガスLIFESTUDIOにて開催

11月21日、土浦市のまちづくり団体“土浦わかもののまちプロジェクト”様の主催により、当社茨城南支社“Gasta 東部ガス LIFE STUDIO”にて「放課後子ども食堂」を開催しました。

「放課後子ども食堂」は、同団体の代表の酒井慶太さんが講師を勤めるつくば国際大学高校(同市)「ボランティア会」に所属する生徒約10人が運営し、食事の提供と学習支援を行いました。

“土浦わかもののまちプロジェクト”様では、下記の目的のもとに取組んで活動しております。
・平日の居場所と食事の提供
・高校生が運営をし、学習支援も併せて行うことで、子どもたちの学力向上にも寄与
・高校生が子ども食堂ボランティアに参加することを通じて、地域愛と共助の精神を育み、社会課題への意識向上を図ることで、未来の土浦を創造する人材を育成する。

現在、土浦市においては市内の7ヶ所で休日子ども食堂が開催されています。
いずれの開催も休日のみであり、平日に開催することでさらに子ども食堂の拡充と平日の居場所と食事の提供をしたいとのことで当社にご相談をいただき参加させていただきました。

当社では食材の搬入とガス炊飯器及び炊飯鍋を使ったご飯炊きと片付けのお手伝いさせていただき、当日は50名の計画に対して30食の提供でした。

今後も定期的に開催を計画されているとのことで、次回以降開催の際もご協力して活動を広げて参ります。

《地域、環境》
9月14日 守谷市、東京ガス、東部ガスの3者が茨城県内で使用した木材のCO₂吸収量がわかる玩具の製作・配付を開始

カーボンニュートラルへ向けたまちづくりに向けた守谷市、東京ガス、東部ガスの3者包括連携協定のもと「カーボンストックファニチャー」プロジェクトがスタートし、この度、守谷市で出生されたお子さんに木製玩具を守谷市からプレゼントする「Happy Birthday Gift」が誕生しました。

今回配布されるのは、守谷市のシンボル鳥「コジュケイ」などの動物を模ったバランスゲームのおもちゃです。茨城県産ヒノキ材を使用しており、木の香りやぬくもりを感じながら安心して遊ぶことができるようになっています。お子さんの誕生時から環境のことを楽しみながら意識することができる取り組みです。

包括連携の取り組みがまた一つ形になり、これからもカーボンニュートラルへのまちづくり実現のため東部ガスができることを地域の皆さまと一緒に取り組んでいきます。
【参考】


《環境》
6月5日 【茨城地区】「東部ガスさすてな電気」のお申し込みを開始

詳しくはこちら

 

《地域、環境、安心・安全》
5月9日 茨城県土浦市へのカーボンニュートラル都市ガス供給とカーボンニュートラルLNGバイヤーズアライアンス加盟

詳しくはこちら

《地域、環境、安心・安全》
4月6日 茨城県守谷市へのカーボンニュートラル都市ガス供給とカーボンニュートラルLNGバイヤーズアライアンス加盟

詳しくはこちら


2022

《地域、環境》
10月14日 土浦市、東京ガスとの「公共施設向け太陽光PPA事業」の共同検証に関する基本合意書の締結
 

詳しくはこちら

《地域、環境》
10月14日 守谷市、東京ガス、日本カーソリューションズとの「EV導入」の共同検証に関する基本合意書の締結

詳しくはこちら

 

《地域、環境、安心・安全》
4月20日 土浦市における「カーボンニュートラルのまちづくりに向けた包括連携協定」を締結
 

詳しくはこちら

《地域、環境、安心・安全》
3月30日 守谷市における「カーボンニュートラルのまちづくりに向けた包括連携協定」を締結

詳しくはこちら



以上